「社会保険労務士事務所 あおぞらコンサルティング」のメンバーによるブログ

社会保険

退職後の傷病手当金の申請について

今回のあおぞらレターでは、病気やケガで働けない場合に支給される健康保険『傷病手当金』の従業員が退職した後の申請、対応方法等、要件や注意点についてご案内いたします。 従業員が退職した場合でも、退職者が下記ABのいずれも該当し受給条件を満たしていれば、傷病手当金の支給を受けることができます。 …

短時間労働者の社会保険の適用拡大について

今年の10月から、501人以上の企業について「社会保険の適用拡大」 が施行され、一定の短時間労働者が新たに社会保険の対象となります。 今回のあおぞらレターでは、この適用拡大で新たに対象となる短時間 労働者の要件等についてご案内いたします。 要件としては、週所定労働時間が20 時間以上であ…

健康保険の給付・標準報酬月額の上限改定について

前回のあおぞらレターでは、今後の動向として法改正の概略をお知らせしましたが、 今回は、その中で皆さんに関係の深い、平成28年4月改正の健康保険の給付・標準 報酬月額の上限改定についてお伝えいたします。 大きく変わる内容としては下記三点になります。 ・傷病手当金・出産手当金の見直し ・標…

<社会保険の料率変更:ソフト設定をお忘れなく!>

前回のブログでも少し触れた「社会保険料の料率変更」。 9月分から変更なので、社会保険料の給与控除は10月からになります。 http://blog.livedoor.jp/sr_aozora-hokaisei/ さて、給与ソフトの設定は大丈夫ですか?φ(.. ) ソフト会社によっては、各自…

<厚生年金保険料率が変更になりました>

平成29年まで毎年9月に厚生年金保険料率が変更になります。 平成22年9月~平成23年8月の保険料率は下記の通りです。 旧)157.04/1000 ⇒ 新)160.58/1000 具体的な保険料額は下記URLをご参照ください。 http://www.nenkin.go.jp/main…

資格喪失後の傷病手当金

傷病手当金は、私傷病のために働けなくなり、給与を受けられないか、大幅にダウンした場合に健康保険組合等から日額の一部が補償される制度です。(※給与が支給される場合は、傷病手当金の額に満たなければ、差額が支給。) さて、傷病手当金ですが、基本的には「一般の被保険者=在職者」を対象としていますが、一…

<賞与支払届・賞与からの社会保険料>

長らく更新を怠っており申し訳ありません。 さて、賞与・労働保険・算定基礎届が終わり「ホッ」とされている 人事担当者の方も多いのではないでしょうか。 労働保険の年度更新が7月に変更してから、本当にこの時期は バタつくようになりました。 (ブログ更新をしていないことの言い訳をしている訳では…

健康保険の扶養:おにいちゃんおねえちゃんは・・・

3月9日付 読売新聞「家計の知恵」を読んでくださった方は、さぞかし夫に対する保障が手薄・・・いえ限定的であることを実感されたと思います。 http://www.yomiuri.co.jp/atmoney/qa/nenkin/20100309-OYT8T00290.htm 少し毛色は変わります…

カテゴリー

アーカイブ