人事や労務のあれこれについて、Q&A形式にておこたえします。

Q.今後さまざまな手続きがデジタル化されると聞いています。これから個人や企業が必要な社会保険手続きなどについても変更があるのでしょうか?

A.個人や企業の手続きについて、次のようなオンライン化が進められることになっています。 まず、2019年5月に成立した「デジタルファースト法」では、 ・デジタルファースト:     個々の手続・サービスが一貫してデジタルで完結する ・ワンスオンリー:     一度提出した情報は、二度提出す…

Q.今年の4月から入管法が改正されたということですが、外国人雇用にどのような変化があるのでしょうか?

A.外国人が日本で働くのに必要な在留資格に『特定技能』が新たに設けられました。これは従来からの『技能実習』と少し紛らわしいですが、概ね次のように目的が異なります。 ①『技能実習』・・・国際協力として開発途上国等の経済発展を担う人づくり ②『特定技能』・・・労働力の確保 ※『高度専門職』『技術』…

Q.雇用保険で統計誤りのための追加給付があると聞いたのですが、なぜですか?

A.雇用保険の失業時に受給可能な基本手当、また、育児休業給付、介護休業給付、高年齢雇用継続給付等は、「毎月勤労統計調査」での労働者の平均給与額という値がその計算式や上限・下限額に利用されています。 この統計が不適切調査等であることが厚生労働省から発表されました。 雇用保険のほか、労災保険や船員保…

Q.子ども・子育て拠出金とはどのような制度ですか?料率が変わると聞いたのですが、どのようになりますか?

A.子ども・子育て拠出金は、厚生年金保険の標準報酬月額や標準賞与額に料率を乗じた金額を事業主が負担しています。 料率は年々上昇しており、2019年4月分(5月拠出分)からは料率が0.29%→0.34%(3.4/1000)となります。 この拠出金は以前は「…

「主な社会保険関連法の改正点:平成31年4月1日施行」

平成31年4月1日より、社会保険関連法でいくつかの改正が施行されています。 今回のあおぞらレターでは、主な改正点についてご案内いたします。 詳しくは、あおぞらレター265号をご覧ください。 …

「4月から健康保険・介護保険料率が変わります」

平成31年度の健康保険・介護保険料率が決定しました。 今回のあおぞらレターでは、平成31年度の健康保険・介護保険料率の変更について ご案内いたします。 詳しくは、あおぞらレター264号をご覧ください。…

「産業医の機能強化に伴う対応について」

今回のあおぞらレターでは、前号に引き続き、働き方改革関連法の中から 安全衛生法の改正部分(平成 31年 4月 1日 施行)についてご案内いたします。 詳しくは、あおぞらレター263号をご覧ください。…

「長時間労働者の面接指導の対象者の拡大等」

今年4月から、「働き方改革関連法」に基づき、全ての事業主に、労働時間の把握が義務化され、 長時間労働者の面接指導の対象者が拡大されます。 今回のあおぞらレターでは、この義務に関するポイントやその対応方法について、ご案内いたします。 詳しくは、あおぞらレター262号をご覧ください。…

カテゴリー

アーカイブ